2014年11月18日

中国の太平洋分割構想とは?

習近平国家主席 エイペックで 太平洋分割構想述べる

習近平 記者を前にした オバマ大統領との共同会見の場で

米国と中国での、太平洋分割構想をぶち上げたが

オバマ大統領はさすがに、これには取り合わなかった。

中国の野望は、日本・台湾を併合して 太平洋の半分を

手にいれることと言われる。

それを今回、米国や世界に堂々と発表したことになる。

まさに、中国共産党・人民軍の野望である。

よく言われる 太平洋の真ん中に縦に線を引いた第2次列島線

と言われるのがこれである。

その他、宇宙の制覇、月の制覇なども狙って宇宙船開発をして

宇宙からの地球制圧なども視野に入れていると考えられる。

その証拠に、レーザー兵器の開発に熱心であり、地上・衛生から各種目標物を

破壊する兵器が完成しているし、戦艦、無人戦闘機など開発にいとまがない。

日本が昭和20年の敗戦まで持っていた覇権主義が

70〜80年遅れて、経済発展して奢りがきた中国共産党に

今まさに芽生えているのだ。

一度は通る道なのかもしれないが。。。

日本など、核兵器を使えば10分で壊滅できる。

と人民軍の高官は豪語する。

中国本土が受ける損害は考えていないのか?

現在は、核兵器を使う戦争はできないことが分からないのか?

中国にも核爆弾が雨あられのように降って来て共倒れになり

人が住めなくなることは必須だと思うが。。。

得るものより、失うものの方がはるかに大きい。

従って、武力を使っての戦いではなく

徐々に 徐々に 侵略する戦法を取るに違いない

まず、沖縄にロビイストを潜り込ませて

議会を制覇し、沖縄独立をして、その次に中国の属国になる

など、軍事力を背景にした静かな侵略かも知れない。

小笠原諸島・伊豆七島での赤サンゴ密猟船、

領海侵犯は、既にその布石なのか?

沖縄周辺の守りをもっと固める必要があるのでは?

米国にいる中国ロビイストも使って、ジワリ ジワリ

攻勢を強めてくるのかも知れない。

一方、別の見方としては

インターネットの普及で、外国の情報も入ること

共産党役人の汚職が一般化して、国民の心が離れつつあること

政策資金を下ろしても資金が中間管理職で汚職されること

経済発展が止まり、下降の時期に入ってきたこと、

年金・医療保険など生活保障制度が整備されていないので

国民に大きな不満があること

民主国家のように、自分たちの声が国政に反映できないこと

共産党に都合の悪いことは抑制されること

安倍首相の中国包囲網に危機を感じていること

多民族国家で怒る暴動・香港学生デモ 

・・・等々あり 

国民の関心を政府から離して常に反日におく必要に迫られている。

日本が普通の主権国家になり、安定してしまったら

国民の不満をそらすハケ口がなくなってしまい、

全て共産党政府に向けられるのが一番恐れることといわれる。

そのために、抗日戦争映画が支援され制作され続け

反日が頭から離れないように洗脳している。

◆◇冷え性対策&血液サラサラ◇◆

からだポカポカ!めぐりサラサラ【金時生姜プレミアム】

⇒ http://tinyurl.com/m9c8qtq

冷え性に!血液サラサラで身体の芯までポカポカ

1週間で実感!冷え性対策!【金時生姜プレミアム】

冷え性には生姜!さらに!
   
  生姜の王様「金時生姜」を使用でポカポカ度が凄い!


梅肉エキス&黒酢もろみで血液サラサラ&疲労回復&ダイエット!

モニターの80%が1週間で実感!

⇒ http://tinyurl.com/m9c8qtq






posted by lucky77 at 10:25| 中国の野望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

習近平国家主席 太平洋分割構想を公表

■習近平 エイペックで 太平洋分割構想述べる

中国の習近平国家主席は 記者を前にした オバマ大統領との共同会見の場で
米国と中国での、太平洋分割構想をぶち上げたが
オバマ大統領はさすがに、これには取り合わなかった。

中国の野望は、日本・台湾を併合して 太平洋の半分を
手にいれることと言われる。

それを今回、米国や世界に堂々と発表したことになる。
まさに、中国共産党・人民軍の野望である。

よく言われる 太平洋の真ん中に縦に線を引いた第2次列島線
と言われるのがこれである。

太平洋に眠るエネルギー資源、宝石資源、漁業資源などの
確保が目的である。

その他、中国の野望は
宇宙の制覇、月の制覇で資源確保と支配力の強化を狙っている。
宇宙への進出も順調にいき宇宙船を開発をして有人ロケットも
成功している。

次は、常時 有人宇宙船を浮かべて
宇宙からの地球制圧なども視野に入れていると考えられる。

その証拠に、レーザー兵器の開発に熱心であり、地上から飛行物体を
破壊する兵器が完成しているし、
将来は、衛星から地上の目標物を破壊する兵器になると思われる。
有人宇宙船、戦艦、無人戦闘機など開発にいとまがない。

日本が昭和20年の敗戦まで持っていた覇権主義が
70〜80年遅れて、経済発展して自信ができた中国共産党に
今まさに芽生えているのだ。

一度は通る道なのかもしれないが。。。

日本など、核兵器を使えば10分で壊滅できる。
と人民軍の高官は豪語する。

中国本土が受ける損害は考えていないのか?

現在は、核兵器を使う戦争はできないことが分からないのか?
中国にも核爆弾が雨あられのように降って来て共倒れになり
人が住めなくなることは必須だと思うが。。。

得るものより、失うものの方がはるかに大きい。

従って、武力を使っての戦いではなく
徐々に 徐々に 侵略する戦法を取るに違いない。

まず、沖縄にロビイストを潜り込ませて
議会を制覇し、沖縄独立をして、その次に中国の属国になる
など、軍事力を背景にした静かな侵略かも知れない。

小笠原諸島・伊豆七島での赤サンゴ密猟船、
領海侵犯は、既にその布石なのか?

沖縄周辺の守りをもっと固める必要があるのでは?

米国にいる中国ロビイストも使って、ジワリ ジワリ
攻勢を強めてくるのかも知れない。

一方、別の見方としては

インターネットの普及で、外国の情報も入ること
共産党役人の汚職が一般化して、国民の心が離れつつあること
政策資金を下ろしても資金が中間管理職で汚職されること
経済発展が止まり、下降の時期に入ってきたこと、
年金・医療保険など生活保障制度が整備されていないので
国民に大きな不満があること
民主国家のように、自分たちの声が国政に反映できないこと
共産党に都合の悪いことは抑制されること
安倍首相の中国包囲網に危機を感じていること
多民族国家で怒る暴動・香港学生デモ 

・・・等々あり 

国民の関心を政府から離して常に反日におく必要に迫られている。

日本が普通の主権国家になり、安定してしまったら
国民の不満をそらすハケ口がなくなってしまい、
全て共産党政府に向けられるのが一番恐れることといわれる。

そのために、抗日戦争映画が支援され制作され続け
抗日記念館が建てられ、記念日が作られる
反日が頭から離れないように洗脳している。


◆◇冷え性対策&血液サラサラ◇◆

冬の到来、足の冷えをそのまま放置するのは危険です。
ひび あかぎれ しもやけ で悩むことに!

冷え性対策として生姜が一番
からだポカポカ!めぐりサラサラ【金時生姜プレミアム】
⇒ http://tinyurl.com/m9c8qtq


冷え性に!血液サラサラで身体の芯までポカポカ
1週間で実感!冷え性対策!【金時生姜プレミアム】

冷え性には生姜!さらに!
生姜の王様「金時生姜」を使用でポカポカ度が凄い!
梅肉エキス&黒酢もろみで血液サラサラ&疲労回復&ダイエット!


モニターの80%が1週間で実感!
⇒ http://tinyurl.com/m9c8qtq








posted by lucky77 at 16:56| 中国の野望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする