2014年10月18日

火山噴火被害者に保険は下りるのか?

御嶽山の捜査は終了しました。

死者57人は収容完了、
行方不明者7名程を残したままですが、山に降雪が始まり
これ以上の捜索は無理と判断し、終了式を行いました。

行方不明者に対しては、法律的には、すぐに死亡が認定されるのか
生命保険の申請などで問題になりますね。
火山噴火は、病気死亡でも、交通事故でもなく、自然災害なので
どのような処理になるのか?
地震保険は、建物に対しての保険ですし、何が適用できるのか?

報道機関は、このような細かいところまでは中々伝えませんね。



■一週間で人前で話せるようになるレシピ
このマニュアルを読めばもう心配いりません
 







posted by lucky77 at 13:20| 自然災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

木曽の御嶽山 35年ぶり噴火 犠牲者31人も

9月27日<御嶽山噴火> 7年ぶり
(2007年の水蒸気爆発以来)

4人が死亡、心肺停止が27人 重軽傷多数

木曽のナァー なかのりさん
木曽のおんたけ ナンチャラホーイ
夏でも寒い ヨイヨイヨイ

・・・この基礎節で有名な
長野県と岐阜県にまたがる御嶽(おんたけ)山(3067メートル)
が、登山者多数の中、殆ど前触れなく噴火した。

御嶽山は、高さが高い割に6合目付近まで車で行けるので
登山者だけでなく、一般にも人気があり、登山者が多いとのこと。

その登山者が逃げる間もなく、噴煙・火山灰が降り注ぎ、灰に埋まった人や
息ができなくて、心肺停止になった人、降ってきた溶岩などで骨折した人など
阿鼻叫喚の地獄絵になった模様

現在は、自衛隊・消防隊・警察などの救助隊が、救助活動を続けています。
少しでも、被害者が少ないことを祈るばかりですね。

噴火は暫くは継続するとの予測があり
心配されるのは、周囲の農家の野菜などの作物で
灰をかぶった野菜が多いので、値上がりが心配です。

尚、降り注ぐ火山灰を吸い込むと、肺に影響が出ると言われます。
防塵マスク・防毒マスクを調べてみました。


■火山噴火 火山灰 有毒ガス用マスク




■火山灰 マスク  5枚



■火山灰 マスク  50枚









posted by lucky77 at 11:01| 自然災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする